FC2ブログ

まて海馬!

どうも、遊戯王の新制限予想ほど無駄なことはないと思うジントです。


もうそろそろ遊戯王OCGの制限改定。
まだVジャン、ヴァリュアブル買ってないのですが自分なりに考察してみました。
そのため私情や勘違いも含まれてると思います。


たかがカードに専門家ぶって云々言うのは苦手なのですが
自身のおさらいもかねて綴っておきたいと思います。


新制限を振り返る~禁止編~


【禁止】
《イレカエル》
《レスキューキャット》

《大嵐》
《洗脳-ブレインコントロール》




《イレカエル》

1ターンに回数制限がないことが問題であり、サーチも容易、【ガエル】のキーカードであった。大会では制限時間がありクセのある運用法、成功率もあってか長い間制限改正をくぐりぬけてきたのだが【カエル1キル】、【ガエル帝】、【マスドラガエル】、とガエルを軸とする数多くのデッキが大会環境で見られるようになった。さらに今年の世界大会優勝者は【カエル1キル】を使用した。【BF】、【インフェルニティ】を差し置き大会環境を席巻したゆえに禁止となったのだろうか。カエルファンはとんだとばっちりを受けることとなった。せめて制限くらいにならなかったのだろうか。



《レスキューキャット》

その愛らしい外見とは裏腹にシンクロ召喚ギミックの導入により黒く染まってしまった犠牲者といえるだろう。1度に2体のモンスターをデッキから展開する効果がシンクロ召喚のハードルを下げるだけでなくこのカード、シンクロ先を含め4体の墓地肥やしを行えるため《貪欲な壺》の発動条件が満たしやすくなる。オマケにデッキ圧縮もかねている上、低ステータスが幸いし蘇生しやすい。制限カードであるが《クリッター》《召喚僧サモン・プリースト》の効果により握りやすいため今なおさまざまなデッキギミックの一環として活躍した。マイナーカードから禁止にまで上り詰めるその効果と人気は認めざるを得ない。特に海外における使用率が高く【X-セイバー】、【ハムスターシンクロ】においてその力を遺憾なく発揮した。制限カードでは不十分と認識されたのかついに禁止カードに・・・。獣族チューナーさえ出なければこのような結果にはならなかったはずなのだが。自分が構築しているキャラデッキのコンセプトが崩れる要因となった1枚。コンマイはやってしまった。



《大嵐》

長らく制限カードの地位を不動のものとしてきた言わずと知れた魔法罠除去の定番。ついに禁止の烙印を押されることとなった。初心者にはむやみに手札を伏せてはいけないことを教える上で重要なカードでもある。これによりこのカードを警戒することなく後ろを伏せることができる。そのためロック系のデッキは相対的に強化されたといえよう。《スターライト・ロード》の登場により必須カードの地位が危ぶまれたが1枚で2枚以上のカードを除去できるカードであり多くのデッキに投入できる魔法罠除去であることに変わりはなかった。このカードで後ろを割り、安心して大型モンスターを展開しアドを稼ぐという戦術はシンプルかつ強力。魔法罠除去はモンスター除去に比べると手軽に行えるわけではない。そのためか同期のパワーカードがことごとく禁止に指定される中このカードは制限カードどまりであった。しかし《魔導戦士ブレイカー》の制限解除、カードの種類を問わない除去の増加により以前と比べ魔法罠を除去しやすくなった。そのためこのカードにも第一線を退くこととなった。長い間お疲れ様でした。実は主が大嫌いなカードの1枚。自分は引けないのになぜか大会で相手が必ずといっていいほど初手に握っている。初手に《大嵐》ないだろとこちらが様子見で伏せたカードを華麗に割ってくる。後攻に打たれるとマジでテンション下がる・・・。



《洗脳-ブレインコントロール》

手軽に使える汎用コントロールカード。相手のモンスターを自分のモンスターとして扱うことができる効果は地味だが強力。そのモンスターは攻撃、リリース、シンクロ素材とさまざまな利用法がある。リリース、シンクロ素材としてしまえば相手のモンスターを安全に除去することと同義。《スターダスト・ドラゴン》《ライオウ》といったデッキによっては立っているだけで嫌なモンスターを奪うことで動きやすくなる。奪ったモンスターをリリースし帝をアドバンス召喚すれば手堅くアドを稼ぐことができるため初心者にはオススメの戦法であることはもちろん上級者も多用するほどの常套手段と化した。上級モンスターを多く投入したデッキには確実に入るほどの人気カードである。ライフコストの要求、表側表示限定と禁止カードである《心変わり》を調整したカードとして登場。しかし調整版であるこのカードもついに禁止となってしまった。他の禁止カードと比べると明らかに地味だがゲームエンドになることもおおく、その利便性が認められたのだろうか。【ガエル帝】の流行も一因となっているだろう。いかにコントロール奪取が強力な戦法であるかということを知らしめたといえるだろう。



~総評~

今回は長らく禁止を免れていた精鋭たちを規制した印象が強い。
洗脳の禁止は驚いた人も多いだろう。
《イレカエル》は制限にするか裁定により回数制限をつけるといった措置はできなかったのだろうか。
《光と闇の竜》《あまのじゃくの呪い》のいらん裁定は設けたくせにこういうところに力かけないでどうするのだろうか。《レスキューキャット》は個人的に悲しい。こういう特定のデッキで活躍するべく生まれたカードが禁止になるということはいつの世も悲しいものを感じる。



次回は制限編をお送りします。






~コメント返信~




≫yutiさんへ


こんばんは、いつもコメント激励の言葉ありがとうございます。(*´∀`)


理想は実現する力がなければいけません。口先だけでなく実行力が伴います。
自分は何をどうするべきか・・・答えを出すには時間を要します。


自分は友人2人と比べると勝敗を重視してしまいますね。^^;


小中の頃、戦績は一番よかったにもかかわらずザコ扱いで認めてもらえずな環境でした。
今思えばそんな環境の中、闘ってきたせいでいろいろな方向に転び・・・機会があれば話します。orz

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
俺は俺のプロフしか書けない・・・だけどこれがおれなんだ

ジント

Author:ジント
                            蒲田ホビステ・ラボに出没。
人生TCG蒲田勢代表(自称)

レア厨ですマイナー厨です…

                            趣味:カードゲーム、プラモデル制作等


現在プレイしてるカードゲーム:

遊戯王:ヒーロー関連が大好きです。ルール変更でモチベが落ちるorz
引退はしないけど、しばらくはおとなしくしてます笑
テーマものでなく創作系メインに作ってます。MTGでもやろうかな…


PM:主に蒲田でプレイしているTCG。シングル・ミックス何でもやります。
大会レベルのデッキをあまり持ってないのが問題。金かかるので直近は組んでない。

【実績】
・PPP2013(東京会場) 3on3 - Bブロック3位入賞:ついに念願の公式イベント実績が。すべてはここからはじまった。

・PPS2013 3on3全国大会4位:ジントさん×じょーじ最大の見せ場。最高に楽しかった。

・M&E TCGサマーカーニバル2014 - Cブロック3位:水着LO使用4勝1分けでチーム4勝1敗。みんな使いたいデッキで勝ててよかった。


・全国大会2014秋 地区予選 - 東京Cブロック3位 大阪Dブロック1位
 →全国大会18位笑


・全国大会予選2015 2nd東京シングル - 東京Cブロック3位
→全国大会64位笑笑笑


・全国大会予選2016 1st 最終予選シングル - Aブロック5位
→全国大会21位


一応年一のペースで地区予選は通過できてますがほとんど滑り込みですw
全体的に3位が多いブロンズコレクター。


ヴァンガード:最近わからん…超越???

WS:ミルキィ出るから買うか迷うけどもうあまりやってない…

ひそかにライダーファンだったりする。

さぁ、FC2カウンターを数えろ
最新記事を書かなければ生き残れないことは…確かだ
俺は既にコメントを掴んでいる。そしてこれからも…掴み続ける!
オレの月別アーカイブはボロボロだ
このカテゴリ、いきなりアウトってわけ
この距離ならリンクは貼れないな
今、誰か検索フォームで笑ったかぁ?
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR