FC2ブログ

【じゃじゃ猫Way To Go】

出回ってた新制限リストが本当だった。クリッターよ長い間世話になった。

JFで活躍した【ユニコン】のエンジンとして重ファクであるクリッターが使えなくなるので新たな戦術が必要ですね。

しかし神警が制限になったことにより召喚を止められることは少なくなりそうなので一概に弱体化したとは言えないのでまだまだ活躍できるデッキではなかろうか。


さて今更感はありますがジントさんがJFでサブ使用にもかかわらずヒロビより好成績をおさめた超絶デッキの【ユニコン】のレシピを公開だぁあぁあ!!!!!


クリッターが禁止決定になったことにより急きょレシピを上げねばなるまいと思いました。
禁止後に載せても意味ないですからね~。


【じゃじゃ猫Way To Go】


azusa_convert_20100927235106[1]


モンスターカード 18枚


《カードカー・D》3
《クリッター》
《魔界発現世行きデスガイド》2
《魔轟神クシャノ》
《魔轟神クルス》
《魔轟神グリムロ》3
《魔轟神獣ガナシア》2
《魔轟神獣キャシー》
《魔轟神獣ケルベラル》2
《魔轟神獣チャワ》3



魔法カード 8枚


《大嵐》
《強欲で謙虚な壺》2
《サイクロン》2
《死者蘇生》
《月の書》
《貪欲な壺》



罠カード 13枚


《神の宣告》
《強制脱出装置》3
《サンダー・ブレイク》3
《無謀な欲張り》3
《リビングデッドの呼び声》3



エクストラデッキ 15枚

《魔轟神ユニコール》
《魔轟神クダベ》
《A・O・Jカタストル》
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《魔轟神レイジオン》2
《大地の騎士ガイアナイト》(ヴァルカン入手後はヴァルカン)
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》
《スクラップ・ドラゴン》
《スターダスト・ドラゴン》
《魔轟神レヴュアタン》

《虚空海竜リヴァイエール》
《セイクリッド・ヒアデス》(ヴァルカン入手後はヴァルカン)
《発条機雷ゼンマイン》
《No.17 リバイス・ドラゴン》





~概要・・・こんなんじゃダメです~

そもそもユニコンってなんぞ?

知らない人のために一応説明。

それはユニコール・コントロールの略称である!

ふぅん、分かるように説明しろ

このユニコンというデッキは《魔轟神ユニコール》
というシンクロモンスターを駆使して戦うコントロールデッキなのだ。


card100007705_1_convert_20130221004511.jpg

《魔轟神獣(まごうしんじゅう)ユニコール》
シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/獣族/攻2300/守1000
「魔轟神」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在し、
お互いの手札が同じ枚数である限り、
相手が発動した魔法・罠・効果モンスターの効果は無効化され破壊される。



非常にややこしいテキストです。僕も理解するのに何十日もかかりました。

ざっくり言いますと自分と相手の手札が同じ時相手が使ったカードをカウンターする効果みたいな感じです。

ユニコールをコントロールしているプレイヤーAの手札が3枚のとき、手札4枚のプレイヤーBが手札から死者蘇生を発動したとしよう。手札からカードを発動したことによりBの手札は4枚から3枚となる。つまりAとBの手札は同じ3枚となります。このまま効果処理に進んだ場合ユニコールの効果により死者蘇生の効果は不発となります。

つまり相手は手札からカードを発動する場合、常に互いの手札枚数に気を付けなければなりません。発動前は違えど発動後は同じ手札枚数となればユニコールの効果が適応されるのです。


効果の種別は永続効果という裁定。よって、この効果に対し《スターダスト・ドラゴン》はチェーンできず、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》《光と闇の竜》は反応しない(永続効果は何かに反応して発動するのでなく場にいることで適応される効果だからね)。また、カウンター罠すらも無効にできる点も大きい。


強くない?


このハマれば他の追随を許さない強固なモンスターを駆使して場を制圧していくのがユニコール・コントロールなのです。

このデッキを使うと大体テキスト確認をされ、挙動のたびにハンド枚数を確認され慎重に行動されるので慣れてない相手だとわからん殺しできます。使い手にとってはこの光景が醍醐味だ(ドS要素)。


コンセプト

しかし相手も強敵ならいともたやすく突破を狙ってくる。それは手札調整だ。ユニコールは手札枚数をずらされてしまえばカウンターが決まらない。


手札調整ってよほど事故ってない限り簡単にできてしまう行為なのだ。


適当にカードを召喚orセットする→その後使いたいカードを使う


これだけでユニコールの効果をくぐりぬけられてしまうのだ。じゃあやっぱり弱いのか?


否、この手札調整の逃げ道を逆に利用することこそがユニコンの真骨頂なのだ。

相手はユニコールのカウンターを避けるためにカードを場に出します。これにより手札が減ります。序盤から下準備なしで手札枚数を増やせるデッキは限られます。なのでユニコールの効果を避けるためには場にカードを出して手札を減らす戦術をとるでしょう。

遊戯王は手札を減らすのは簡単ですが増やすのは難しいです(最近のテーマは気のせいなくらいアド稼いでくるけど…)。なので相手の場にカードを展開させることで相手の手札枚数を減らしていきましょう。

あとは自分が相手の手札枚数に合わせてカードを展開していけば自然と同じ手札枚数となる事でしょう。

運用のコツとしてはターンを渡した後相手より手札枚数が1枚少ない状態になるようにしましょう。この状態は自ターンに同じ枚数にしてれば可能です。相手ターンになれば相手1ドローで相手より自分の手札枚数が1枚減るということです。

これにより相手はすぐさま目当てのカードを発動できません。何かしらのカードを場に出して手札調整をしてからでないと目当てのカードは発動できません。

こうしていけば相手の手札を減らしながらロックしていけるというわけです。手札さえ同じなら相手の場のカード等怖くありません。


もちろんこちらのドローフェイズにフリーチェーンの除去を使用されると厄介です。

そんなときは手札をずらせるカードで回避できるかもしれません。

たとえば自分のターンが来てドローにより相手より手札が+1のときに相手は強制脱出装置を発動してユニコールをバウンスしようとする。

こりゃまずい、すかさずサンダー・ブレイクを使用。サンブレのコストで手札を1枚捨てるので手札枚数が同じになります。結果強脱の効果は無効となり破壊されます。

そう、相手にカードを発動させてその後手札枚数をずらせるカードを使ってカウンターを決めていくのです。こりゃ相手もきついでしょう。自分の発動したカードは不発にされおまけにサンブレの場合はカード1枚を持ってかれるのでアド損です。

このデッキには手札をずらせるカードが多く積んでありますのでカウンターは決まりやすいです。

カウンターを決めていくことで相手の発動したカード無効+手札ずらしカードでアドを稼ぐを繰り返すことで相手は虫の息となるでしょう。


こうやって少しずつアド差を縮めていき有利にゲームを進めていくことこそがこのデッキのコンセプトだ。

1枚1枚がユニコールによって場を制圧していくうえで重要なカードです。常にアドバンテージを意識して使いたいですね。


その性質上トラゴーズは屁みたいなもんです。打点狂わされたりサイズでかいのが降ってきて形勢逆転なんてパターンはよくある話ですが基本ハンド枚数を合わせてから突撃するので奴らはちっとも怖くないんですよね。

逆にガジェットみたいに常にハンドいっぱいで除去が豊富なデッキ相手だと苦戦しますね。フォートレスやグラファみたいにルール効果で降ってくる奴らを擁するマシンナーズ、暗黒界は辛いです。あいつらハンド減らないで場を荒らしてきますからね…


あとは初動ガンまわししてアド差開くような早いデッキも苦手。

最近のテーマ遊戯王してねぇって……


JFでは【カオスビート】 【ヴェルズ】 【海皇水精麟】相手にに3連勝しました!


最新テーマ相手の場合、基本不利が付きまといますが注目されてないデッキを使いそれらに勝ったときの喜びは何物にも代えがたいですね~。決まれば最新テーマ相手にも対応できるパワーがあります。


周りのみんなとは違ったデッキを使いたい!そんなひねくれもののあなたにぜひ!


~解説・・・やってやるです!~

《カードカー・D》3
序盤の手札補充にもってこい!相手より常に多いハンドをキープしたい。
罠が豊富なこのデッキでは守りも大丈夫。☆2なのでシンクロ素材にもなれるぞ。


《クリッター》
エンジン。デスガイドのおかげで高確率で引っ張ってこれる。できればデスガイドをシンクロ素材にしてこいつは場に残しておきたい。チャワ、キャシーなどがほしい場合状況によっては自爆特攻もアリ。シンクロ素材になりつつハンド維持ができるうえ、☆3というところがナイス。リビデで過労死します。


《魔界発現世行きデスガイド》2
海外出身のパワーカード。このデッキではクシャノもサーチできるのでグリムロのトリガーやクシャノを墓地へ送る手段としても使えるためシナジーは高い。その過程でリバイスなりゼンマインなりが出てくるわけだから弱いわけがない。少ない消費で相手のカードを消耗させられるので大事。この子のおかげでユニコンは抜群の安定感を得た。はよ日版にしたいのう…


《魔轟神クシャノ》
いままではファイルに眠ってたけどデスガイド登場で急きょ参戦。墓地にいてこそ力を発揮するためデスガイトでランク3作る時の相方としては申し分ない。魔轟神ネームのためグリムロのサーチ効果のトリガーにもなれる。おまけにチューナー。ワンチャン、腐ったカードカーに乗ってレイジオンになれるナイスガイ。


《魔轟神クルス》
いる子。単体での性能は低いが機が熟した時の大量展開には欠かせない。ピン投でもグリムロのおかげで不自由さを感じない。非チューナーなので召喚からのケルベやらSSしてシンクロ素材にもできるので覚えておいて損はない。貪壺で使いまわしたい。


《魔轟神グリムロ》3
魔轟神に欠かせない存在。場に魔轟神がいるとグリムロ以外の魔轟神をサーチできる素晴らしい姉ちゃん。非チューナーの☆4とスペックもなかなかのしたたかさだ。チャワ×クルスにより釣りあげてレイジオンになれるので展開の起点にもなれる。この子3枚揃えるのに1万近くDTをまわしたのはいい思い出。


《魔轟神獣ガナシア》2
チャワとのコンビでユニコール、ケルベとのカップルでレイジオン、クシャノとのタッグでランク3になれるすごいゾウさん。サイズもそこそこあるので特攻する事もある。召喚権使わず出せる非チューナーなので貴重。自身の効果でSSすると墓地へ行かず除外されてしまうがその弱点を補う手段としてエクシーズ素材にするかリヴァイエールで帰還させるといったことも可能なので時代に救われた果報者。なんだかんだ便利。


《魔轟神獣キャシー》
サンブレとセットで使うと場を荒らせる。チャワの相方としては使いづらいので防御向き。墓地にクシャノある時は損失なしで表カード割れるのでイイ感じ。オピオンとか魔法使いとか魔法罠耐性付く奴ら相手だとかなり有利。墓地で発動する効果モンスの除去が厄介なのは海皇で嫌というほど分かるだろう。☆1チューナーなのでクリッターとユニコールになれるのも◎。


《魔轟神獣ケルベラル》2
手札から捨てられると拾ってくれと場に出てくる自己主張の激しい子。チャワとはチューナー同士なので相性が悪い。基本サンブレのコストとして壁にもなれるので単体で動く事が多い。グリムロのトリガーにするために召喚する事も多い。クリッターと図書館マンになってチャワひっぱってからのドラマも見逃せない。クルス・カードカーとユニコールになれるためやはりいる子。


《魔轟神獣チャワ》3
ユニコール軸なら間違いなくガン積み。効果的なタイミングでユニコールを出すには欠かせない存在。☆1のためさまざまなシンクロに使える。クリッターやグリムロを駆使してチャワ×クルスのペアをそろえると動きやすい。貪壺で使いまわしたい。


《大嵐》
伏せはできるだけ除去しておきたい。相手の妨害を受けてユニコールが展開できないだけでこちらが不利だからだ。こっちも伏せるデッキだから使うタイミングは気を付けて。


《強欲で謙虚な壺》2
魔轟神に強謙はどうなのって話だがこのデッキは1キル狙ってません。じっくり戦う長期戦想定です。滑り出しが大事なこのデッキでは問題なく機能します。ブラフで伏せるのも効果的。


《サイクロン》2
3枚入れたかったが枠がなくて2枚。サンブレと合わせて伏せを割りに行けるので心強い。速攻魔法なのでこのカードも手札をずらせるカードである。


《死者蘇生》
シンクロ素材、ユニコール蘇生といった役割。やはり強い。


《月の書》
速攻魔法なので手札をずらせるカード。守りたいユニコール裏にしても本末転倒。最近微妙なので抜いていいかも。ライオウも準制になるし仮想敵が減る。


《貪欲な壺》
まわるとどえらい勢いでデッキのモンスター比率が減る。そこでこいつで補充しよう。グリムロを戻せば好きな魔轟神になれるのでぶんまわしたい時のお供に。


《神の宣告》
レイジオン前のガン伏せに対しての大嵐、ユニコールに対しての神警、どうしてもハンド調整できない時の手段、詰め用とさまざまなシーンで活躍。ユニコールを突破された時の最終防衛ライン。


《強制脱出装置》3
このデッキの場合自分のモンスにも使う事がある。デスガイドやグリムロをバウンスすれば再利用できるしハンド調整ができる。そう、このカードも手札をずらせるカードなのだ。サイズのでかい野郎をバウンスしちゃおう。万能除去カード、想像以上に強い。


《サンダー・ブレイク》3
手札をずらせるフリーチェーン。伏せ割れるのがえらい。キャシーと組み合わせてモンスと伏せの2枚抜きもできる。相手のサイクやらにチェーンするとうまい。


《無謀な欲張り》3
手札を増やす方向のずらせるカード。複数使用すればデメリットも軽減できる。強謙やらでそろえよう。瞬時にハンドアドを増やせるので相手が油断して使ったカードに対して使いユニコールの効果でカウンターを狙う事もできる。攻防にわたって活躍しうる。ここから始まるドラマもある。


《リビングデッドの呼び声》3
クリッターを使いまわしたりシンクロ素材を用意できるので便利。除去されたユニコールを蘇生するのも超強い。相手がハンド同じの時にカード使用してそれにチェーンしてユニコールを蘇生してみよう。相手の使ったカードを無効にしつつユニコール降臨!ガン積みしてからの安定感が半端ない。墓地にユニコールいるときに握ってるとニヤニヤが止まらない。




ただ注意点がある。それはこのデッキの扱いが

メチャメチャむずかしい

第一去年のJFで連勝できたがそれまでは連敗の数々。大会に参加しては2位がいいとこ。

去年の功績に至るまで約2年かかりました。それだけ使いこなすのが難しいデッキです。


手札枚数を常に計算、手札をずらせるカードをどのタイミングで使うか、どこまでライフで受けていいのか等…考えることに尽きません。非常にカード使用がシビアです。

ギリギリまでカードは使用しない事。ユニコールのカウンター用に使う事はもちろん、相手より先にカードを消耗したんじゃ手札調整がやりづらいからです。

強脱やらリビデはダメージ受けたくないからといってすぐ使わない事です。相手のカードに対して使っていき少しづつ寄せていきましょう。

このデッキを使う場合ライフは飾りです。カードを温存するために自らのライフをガンガン削っていくのです(ドM要素)。このカード1枚1枚に対しての運用で好みが分かれますね。

この最も効果的な場面でカードを使用するという事が慣れるまで難しいです。余裕があるうちはむやみにカードを使わないで大事にとっておきましょう。相手よりアド差を開いてから疲弊させていくためにカードカーと強謙で腰据えていきましょう。

リビデのおかげでユニコールを除去されてからのケアもしやすくなりました。ユニコールが除去されたとしてもハンド調整は怠らないように。


もともと僕が周りと同じデッキを使うのが嫌いなのでそこから生まれたデッキです。

このデッキなら誰も組まないor組んでも使いこなせないと思ったので極めようと思ったわけです。


おかげで毎年成長できてる実感あります。難しいデッキですがその分身に着くスキルも多いです。

遊戯王なんてルルブ読んでも役に立たない事が多いし自分で編み出す力ってとても大事です。



そして最大の難点


ウザがられます!


コントロールデッキの中でも特に異質な部類なので相手にすると面倒なことこの上ない。なぜ安寧の地であるフリプでこんなだるい相手とデュエルせにゃならんのだ…

きまらない事もあるし、場が崩壊したらそのままゲームエンドともろさも兼ね備えてはいますが、まぁ使われていい気分にはならないでしょう。何もさせないで勝つ部類のデッキですから…コンボデッキなら間違いなく狩れますし。







~備考が一番本気だ。~


デッキ名の由来はおそらく
「TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 中野梓」
に収録されているパート楽器ソング「じゃじゃ馬Way To Go」だろうか。

「けいおん!」のキャラソンの第2弾として登場。


TVアニメ「けいおん!」ライブ 『けいおん! ライブイベント ~レッツゴー!~』
においても梓役である竹達彩奈さんが熱唱。
所々噛んでしまっているところがあるが温かく見守ろう。
他キャラで見られたオリジナルの語りがないのが残念である。

余談だがこの記事を記述しているときにジントが聴いていた曲でもある(記事自体は数年前にできてた)。





ブログにてよく登場する【ユニコン】とはこのデッキである。扱いが難しくレシピが少ないため強くするまで苦労したとのこと。研究期間が長いせいか最もカードプールの入れ代わりが激しかった。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

俺は俺のプロフしか書けない・・・だけどこれがおれなんだ

ジント

Author:ジント
                            蒲田ホビステ・ラボに出没。
人生TCG蒲田勢代表(自称)

レア厨ですマイナー厨です…

                            趣味:カードゲーム、プラモデル制作等


現在プレイしてるカードゲーム:

遊戯王:ヒーロー関連が大好きです。ルール変更でモチベが落ちるorz
引退はしないけど、しばらくはおとなしくしてます笑
テーマものでなく創作系メインに作ってます。MTGでもやろうかな…


PM:主に蒲田でプレイしているTCG。シングル・ミックス何でもやります。
大会レベルのデッキをあまり持ってないのが問題。金かかるので直近は組んでない。

【実績】
・PPP2013(東京会場) 3on3 - Bブロック3位入賞:ついに念願の公式イベント実績が。すべてはここからはじまった。

・PPS2013 3on3全国大会4位:ジントさん×じょーじ最大の見せ場。最高に楽しかった。

・M&E TCGサマーカーニバル2014 - Cブロック3位:水着LO使用4勝1分けでチーム4勝1敗。みんな使いたいデッキで勝ててよかった。


・全国大会2014秋 地区予選 - 東京Cブロック3位 大阪Dブロック1位
 →全国大会18位笑


・全国大会予選2015 2nd東京シングル - 東京Cブロック3位
→全国大会64位笑笑笑


・全国大会予選2016 1st 最終予選シングル - Aブロック5位
→全国大会21位


一応年一のペースで地区予選は通過できてますがほとんど滑り込みですw
全体的に3位が多いブロンズコレクター。


ヴァンガード:最近わからん…超越???

WS:ミルキィ出るから買うか迷うけどもうあまりやってない…

ひそかにライダーファンだったりする。

さぁ、FC2カウンターを数えろ
最新記事を書かなければ生き残れないことは…確かだ
俺は既にコメントを掴んでいる。そしてこれからも…掴み続ける!
オレの月別アーカイブはボロボロだ
このカテゴリ、いきなりアウトってわけ
この距離ならリンクは貼れないな
今、誰か検索フォームで笑ったかぁ?
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR